魯肉飯 / ジャークチキン / クミンカレー:今週見た「料理動画」まとめ(5/18〜)

レシピまとめ

毎日まいにち、誰かが料理をしている動画ばかり見ています。ぼくはレシピ本も大好きで、しょっちゅう買うのですが、それを実際につくるというよりは、「料理をしている過程」や「美味しくなるためのアイデア」が好きなんだと思います。

その一つひとつを知るごとに、なんだかこれからの人生で「まだこんなに美味しそうなものを、自分で作って食べられるのだ!」という可能性が生活を彩ってくれるようなのです。

自分が見返すためにも、今週観てグッときたものをまとめておきました。「へー、こんなレシピあったんだ!」という橋渡しになれたら嬉しいです。

鳥貴族のあれ、ちっまちまやりながら飲むのがほんとうにいいので、うれしい。

焼きそば麺は、もはやレンジアップで食べるためにあるんじゃないかと思うくらいに便利なんだと知りました。

豚ロース厚めのやつ、たまに安売りで見つけるけど、味のパターンが決まりがちだし、困ってたのです。これは保存も効きそうでいい!白いご飯に絶対合う…!

クミンが内臓脂肪を抑えるなどのうんちくも込みでおもしろい。バービーさんの軽快さが、見ていると心を軽くしてくれる。サバ缶、ほんとう優秀だな。

知らなかったけど、キャンパーYouTouberでは人気で単著もあるwinpy-jijiiさん、語り口が小気味よくていい…!若い頃に自分でお店をやっていたこともあるそうで、手付きも軽やか。

オールスパイスやクミン、ナツメグ、などなど、割とフルコースのスパイスだけど、代用したりできそう。ライムは絶対なんだろうな。これも鶏もも肉の味変として優秀。

「皮面の焼き」はロマンのひとつだと思う。食べた時の音が最高にときめく。

天才!まるで理科の実験でも使えそうなテクです。

冷やしピーマンおいしいよな…前に、門前仲町の焼き鳥屋「庄助」で、つくねを詰めてたべたのが好きで、ピーマンとつくねのコンビやりたかった。

ぜったいうまい。えのきに塩と味の素で下味付けて、片栗粉まぶしてからパリッとあげる。ふわっとえのきの香りもしそう。あぁ、いいなぁ。小麦粉系のおつまみよりカロリー的罪悪感も少なめだろうし。

いい定食メニュー!近所の定食屋の日替わりって感じだ。

ふるさとに帰ったインリンさん、YouTuberになってた。見た目以上に簡単そうでびっくり。「とろみ醤油」は台湾の定番調味料で「醬油膏」という。これ用意できれば……と思ったら再現レシピも発見。いけそうですね

「spicy curry 魯珈~ろか~」の齋藤さん!クミンを一押し。ギャバンのやつでOK。加える食材、ほんとうに定番以外だとクミンだけなので、すごく良い。

で、つくってみた。

クミンシードが売ってなくて、クミンパウダーになってしまったけれど、それでも美味しかった…!家カレーなのに、いちだん味わいが本格派。これは絶対これからもやる。

辛さをマイルドに仕上げていくのに、ピーナツクリームと、生クリームを加える。クリーミーでマイルド、だけど辛さであとを引くのがいい、と!

甜麺醤って、甜麺醤じゃないと!って感があるので買ってないと悩ましいけど。鶏むね肉美味しく食べるひとつとして持っておきたい。

蕗って外で食べるとおいしいなーと思うけど、いまいち家で手が出ない。いたずり→下茹で、筋取り、という工程の多さも理由だろうけど、休日こそこういうのをゆっくり食べるようになりたいもの…。

卵とあわせたあとに、熱したフライパンに戻して予熱で火を入れていく!なるほど、これなら失敗も少なそうでいい。一口コンロでも作りやすいし。ただのペペロンチーノがテンションアップな豪華版になる。

こういうの知っていると風邪の時に心強い。秋口の寒くなってきた時とかに食べたいな。

サバ缶の汁を出して、オリーブオイルを注ぐとアヒージョのベースになるのだな。これはいい!オーブントースターでつくれるので、沸いてきたあとでパンも一緒に焼ける。缶詰の缶が調理器具としても優秀なんだなって思わせられる…。

野菜が美味しく食べられるようになるのは、大人になってからの変化だなぁと思いながら。

サイゼリヤのオリーブオイルがおすすめだそう。イタリアのMila社のもので、店頭でボトル販売もしている。レジで「オリーブオイル売ってください!」と伝えれば買えるらしいです。500mlで税込み842円。

それでは、また。今週も日々をおいしく、たのしみましょう。