2024年7月の日記

日記

←2024年6月 日記一覧 →2024年7月


↓最新日へ飛ぶ↓


2024年7月1日(月)

イヤホンをJVCの重低音重視のドコドコベンベン鳴る有線のに変えたんだけど、V系楽しくなっちゃって移動中に首振りそう。

今日から名古屋。明日の取材の前乗り。すごく楽しみにしていた。もうサウナ入りまくってやろうと。ウェルビー栄を泊まりでとって、SaunaLab Nagoyaもはしごする。

そういえば新幹線で、本搾りプレミアムの夏限定缶、みつけたー!柑橘と甘夏、やさしい甘さにほろ苦さでうめー。後味の複雑みが素晴らしい。これ居酒屋で氷しっかり入れたグラスで「オリジナル甘夏サワーです」って提供されたら、さすがに気づける自信ない。うま。あと、初めて炭酸対応の水筒を買ってみたんだけど、すげーな。品川駅で移し替えた缶の角ハイボール、静岡すぎても冷たくシュワっと飲めるぞ。氷なしでこれは頼もしい…。

ゆるゆるとサウナと酒を楽しんでから、夜はフィッシュ&チップス自由研究で、名古屋・伏見[英吉利西屋本店]へ行ってみる。1974年創業の老舗パブ…雰囲気良いな…ってワクワクして頼んだら想像の3倍大きなのが出てきました。鱈を包む衣はぽってり厚め。大きな身でも崩れず食べれる…けど好き嫌いはあるかも(僕はうまい)。沖縄の天ぷらを思い出した。ただ、大きくて、しっかり油が胃で重い。

家庭菜園のミントを使う方法を知ろうと飲んでみたミントジュレップ、うまいなぁ。もちろん作る人の腕や手順はあるけども。

帰ってきて眠くて寝落ちたら、午前2時半くらいに起きる。どうやら面接後、彼女が秋葉原のおそらく馴染みの店に飲みにいったまま消息不明になる。いろいろ不穏なままに目が冴えて眠れなくなってしまう。うーん。


2024年7月2日(火)

眠れなくなり、結局は朝3時半から朝サウナに入る。ウェルビー栄、ありがとう。

サウナ内のテレビで関根力さんが子育て論を話していて、娘に「不和の輪のきっかけにならないようにしたい」といった話が良かった。家庭で不穏なことがあると、娘がそれを引きずって友人に伝わってしまう。そこから不和が広がるようにしたくなかった、という感じ。もちろん自分の娘にはそうだけれど、そこから先のことも考える。たしかになぁ。

名古屋[ウェルビー栄]で合計10セットくらい楽しんだけど本当に良かったな。外気浴は気持ちいいけど運に左右されるなか、室内の安定感の強さを再認識した。冷冷浴好きとしてはゆるめひろめ水ゾーンの心地よさもえぐい。ラップランドエリアも好き。いろいろ行ったからこそ再発見する良さがある。

サウナ2時間→ととのいながら爆睡2時間→おかわりサウナ1時間→朝ご飯もぐもぐ、とすごい良い朝ルーティンを実現。さらに30分くらい仮眠して眠気を取り、メインの取材へ。某工場で一日見学したりインタビューしたり。ふだん見られないところをたくさん見られて楽しかったけれど、なにげにずっと工場内を歩いていて(1万歩くらいいってそうだった)、暑さもあってくたくたに。

くたくたですが元気をもらおうと名古屋駅[味仙]でラーロージャンメンと小袋。甘辛で美味いぞジャンメン。僕はとろみのある麺類が好きなのだ。小袋はにんにく効いてて相変わらず最高だな。キリンラガーで流し込んで締める。

帰京して、メンタルの落ち込みもあったので、大井町[品川サウナ]へ初訪問。このスペースによくサウナーが好む要素を詰め込んだな、すごいな!って思った。メインのサ室も「え?!そんな人数入るの?!」って見た目から思えないゆとり。天井の傾斜見てロウリュの流れも意識されてそうでかっこいい。都市型店舗の素敵な形。よかった。

帰宅後、昨日の彼女とのあれこれを夜中まで話す。さすがに一日、いろいろあって限界でいつ眠ったかわからないまま寝た。


2024年7月3日(水)

彼女とは仲直りもでき、お互いに変えていこうとしていることも確認でき、雨降って地固まる的な展開にひとまずホッとする。

rajikoで『空気階段の踊り場』を聞いていたら「佐藤浩一と四文字違い、岡野陽一です」って挨拶が飛び込んできて、あまりのずるさとくだらなさに道端で笑ってしまった。僕なら何かな。五文字の有名人でギャップのあるもの……北大路欣也さんとか中村勘九郎とかかな。

庭で水やりをしていると、なすの花が咲いていた!わぁ!紫できれい…だけど、触ってみたらポロッと取れてしまった。調べてみると一番花といって心配するようなものではないよう(剪定の目安になるそうだけど)。花から花びらが落ちて実が育っていくみたいなので、これからは触りすぎないように気をつけましょう。

スーパーで買い物したらお会計が2000円ぴったり!びっくり!

寝る前に、晩酌しつつ彼女と『しかのこのこのここしたんたん』の最速放送をみる。かなりクセになる仕上がり。これは第2話からもたのしみ。Abema課金していてよかった。


2024年7月4日(木)

ミニトマトの苗がすっかりすくすく育って、支柱を越えそうになっている。さらに脇芽もぐんぐん伸びて支柱を足してみることに。実はまだついてないけど成長著しいのが楽しい。

『情熱大陸』の切手デザイナー回がとてもよかった。「手に置いた時に重さを感じるものがいいよね」という言葉が印象に残る。印刷技術も駆使していて、なかなかくすぐられる。

深夜、彼女が映画を観たくなったようで『オーシャンズ8』をかけたので、僕も一緒になって観ることにした。オーシャンズシリーズ大好きなんだよな。こういうどきどき展開や騙し系がいいんだろう。『コンフィデンスマンJP』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』とかね。


2024年7月5日(金)

朝、オンライン打ち合わせのギリギリに起きる。あぶなかった。

つつがなく終えたら庭の水やりに。ヤングコーンができてきてた!わぁ!できてきた、というか先端から何かにょきにょきと…おそらくここから花粉が出て、実がついていくほうに受粉して…という流れみたい。根がしっかり張っているのか土が乾燥気味だし、少し足りていないようにも見えるので足したほうがいいかも。植物を見るようになって発見ばかりだ。

昼前くらいに取材へ出る。危険な暑さ。国立駅に降りると、構内にツバメの巣が出来ているらしく、人が立ち入らないように囲いがしてあった。確かにかわいい。けど、日本人ってツバメにはやたらとやさしいよね、なんだか。

取材後、LINEしていると、暑すぎて彼女が「ぬるいサウナじゃん」と言うので、どうせなら熱いサウナの方がいいでしょ!という気持ちで吉祥寺[MONSTAR SAUNA]に行ってきた。今日も熱くてよかった。うっかりととのい、寝落ちた。さっぱり!

ふらっと入ったBOOKOFFでiPad airの第4世代を買った。すすきののお店のカメラを見やすくしたかったのと、簡単なドキュメント作業をしやすくしたいなぁ、という思いがあった。見た感じの相場より5千円以上なぜかお得だった。キズとかもなく綺麗だったし…。2世代型落ちになるのだけど、もっとiPadをガンガン使うようなら最新型をまた買えばいいしね。わーいわーい。

夜、先日の名古屋取材で行った写真のアタリが届く…が、とんでもなくよすぎて目がちかちかする(嬉しさで)。すごいなぁ。同じ現場にいたからこそ、こんなものが撮れていたんだ…!とびっくりする。選べねぇ。選べないよ。なんてむずかしい。


2024年7月6日(土)

昼過ぎに出かけて、渋谷のホワイトシネクイントでドキュメンタリー映画『氷の花火 山口小夜子』を観る。とってもよかった。生き方そのもの、存在そのものが、美へ繋がることを思い知る。写真家の下村一喜さんが「撮影に入るとあの目になる、山口小夜子を自らクリエイトしている」と言ったことを話していて、とても印象的だった。パンフレットも買って読む。良い。本当はポスターを買って飾りたい。いま一番ほしいものかもしれない。やはり現在は物もなく価格も高騰気味…古い雑誌を手に入れてコピーでもいい…資生堂さん販売して……

吉祥寺まで行って、昨日観ていた古着のことをやっぱり思い出し、今日もまだあったので買う。ブルーのサテンのスタジャン。かわいい、いつぞや買えなかったビームスとルルメリーのコラボスカジャンに思いを馳せつつ、でもこっちも相当にいい感じ。彼女に見せると好評だで「いいもの選ぶね〜」とお褒めいただくのでとても嬉しい気持ちになる。東京はとんでもない暑さなので着られるのは秋以降かな。そもそも秋、あるのかわからないけど。

深夜、彼女が見たいという『バチェロレッテ3』で晩酌。あーだこーだ、つい口に出してしまう。自分の性悪さみたいなものが奥底にちゃんとあるんだな、と再確認するなど。


2024年7月7日(日)

七夕。おそろしく暑い日だった。

朝、庭の水やりとしていると、ミニトマトが色付いてきた!色づきの変化は色彩の変化もあって、まぶしく映る。

彼女とつれたって都知事選の投票に行ってから(最近は体育館でも冷房設備があるんだな、よかった)、中華料理屋で食事。いつもの好きな町中華が込んでいたので、別の中華料理屋へ。ファミリー向けのカジュアル中華という感じ。仰々しく「達人ハイボールの認定店」的なことが酒販メーカーからのポスターと共に書かれていて、その一項目目が「ジョッキは冷やす」だったのだけど、出てきたジムビームハイボール、持ち手からすぐに冷えてないことがわかって「だめじゃん」になった。

ハイボールは、やっぱりちゃんとしたバーか、家で飲むほうがうまいよな……。牛ハラミ麻辣麺というまたも仰々しさのあるメニューを頼んだら、翡翠麺で、グツグツと石鍋で出てきて、ずいぶんと派手だった。麻辣の割には食べやすく、ファミリーで来るにはやっぱりいい感じなんだろうな。

さくっと9月の大阪行き(甘い暴力とキズの対バン)のための宿を押さえる。もはや、やりすぎて息をするように予約ができるようになっている。そもそもチケットはまだ当たっていないが、当たった想定で押さえておくのが一番いいのだ。当落期間とキャンセル期間も違うし。物事には「先にやっておいたほうがいいこと」と「やることによってリードタイムが稼げること」(この2つはほぼイコールな気もするけど)をうまく先に回していくことが大事だと、すっかりフリーランス稼業で学んだ気もする。

おそろしく暑い日だったのもあって、2日続けての吉祥寺[MONSTER SAUNA]へ。今夜も対戦ありがとうございました。


2024年7月8日(月)

朝から打ち合わせなど進めて、お昼からパーソナルヨガへ。今週は晩酌にワインを追加したりなどしたこともあってか、体重の減りはゆるやかになったけれど、ダイエットを初めてからならば順調に体脂肪も減っているので、先生にも褒められる。最新式のINBODYで測るのが毎回楽しみで仕方ない。この調子でいけるなら、ワインを基本として飲んでいけばいいのでは、という思惑が生まれて、帰りに買う。

この日もすごい暑さ。東京はコロナ禍以来の「不要不急」で外出控えて、と呼びかけたくなるくらいに太陽と暑さがやばい。いけるっしょレベルで出ると危険を感じるくらいで、日傘を忘れてきて出てきて本気で後悔した。

暑気払いの気持ちで、[スゴイサウナ赤坂店]初訪問。名前に偽り無しのスゴさ。設定60℃台とは思えぬ熱さと発汗。マグマスパ式サウナの実力やばい。温度は高くないはずなのに高湿度もあって汗も熱さも止まらない。そこからの水風呂もきれいで冷たさよりも心地よさを感じて抜けられない…スゴイ。久々に目が回った…。

夜は、スーパーのハイパーおつとめタイムに出会えて欲望のままにお刺身祭りを開催。彼女と『バチェロレッテ3』を進めながら、イケメンを鑑賞するという学びがたくさんある。


2024年7月9日(火)

昼のオンライン取材で、山口県の名物である「瓦そば」について色々教えてもらって、ものすごく興味が湧く。食べたことないなぁ。甘辛いあったかいつゆで、パリッとしつつももちっと感のある茶そばを食べる。たぶん絶対に好きな味だろうな。山口県で食べてみたい。

おつとめ品で買ったまぐろの骨周りのアラ肉を、オーブン焼きにしてみたらとてもうまい。これは毎日いける味。ダイエット的にもすぐれているであろうし、積極確保する食材が増えて嬉しい。

作業部屋が暑いけど、まあ昨日に比べればいけるっしょ、電気代もかかるし、と裸に扇風機で乗り切ろうとした。たしかに居られないことはないのだが、「頭がぼーっとして作業できない」という作業部屋の致命傷によりエアコンを発動。

夜、彼女と晩酌する。以前に鳥羽水族館へ行った時のお土産で買った「真珠漬」を開けてみる。ほたての貝柱の酒粕漬け。ねっとりこっくり。白ごはんも良いだろうし、日本酒だろなーこれは。これをこれで漬けようと思ったのはなぜ、と聞きたくなるアイテム。美味い。


2024年7月10日(水)

7時半にめざめる。ちょうど良いタイミングで、Xで友達がリポストしたEURO2024の速報映像が流れてきて、スペインのヤマルがとんでもない最年少ゴールをぶち込んでいた。これを見れただけでも早起きしたかいがあったな、と思えるほど。

友達は、リアルタイムで起きて中継を見ていたようで、寝起きでダイジェストを見るぼくとは、目にしたものは同じでも体験が異なる。

同じように「サッカーの試合を見た」と言葉にできそうだけどその内容は全く違う。たとえば、スマホをいじりながら見るのと、情報をシャットアウトして集中してサッカーを見る。得られる情報や思考が違う。最近はどうも並列的に何かをして3割ずつくらいの情報量になってしまう気がする。見るなら見る。その体験機会を8割以上にする。その方が結果的に良いことがありそうな気がしている。

ウォーキングしながらラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」を聞いて、Xがざわついている石丸vs古市の中継動画に対して、伊集院さんが「タイムラグがあるもの同士の話し方の技術」に焦点を当てているのはすごく勉強になった。問いかけから回答までの時間差を考え、質問を区切る、相手を待つ、といったこと。石丸さんの態度や受け答えに話が行きがちだけど、コミュニケーションってそこだけじゃないもんね。


2024年7月11日(木)

取材で自由が丘まで。自由が丘ザ・ガーデンがぶっ壊されていてショックを受ける。自由が丘とつくのに自由が丘にない、という状況になるのか。いろいろとふやふや考えながら、取材自体はほのぼのと。おいしいレシピと良い考えをお届け出来そう。

取材帰りに[オールドルーキーサウナ渋谷忠犬ハチ公口店]へ。やっぱりココは効くなぁ。高温3分からの高湿3〜4分というハシゴサウナ、そこからのキンとした水風呂。休憩時間がぼーっとして気持ちいい。休憩が長くなるので3セットもすると、あっという間に時間になる。もはやワープ施設である。

家に帰ると、またヤングコーンが鉢ごと倒れていた。いま、謎土の初期装備のプラで軽いやつだから重さに耐えられんのだな。一念発起して庭に穴を掘って植え替えた。ドーンとそびえる感じで面白い。すくすく育てよ。

夜、彼女と『バチェロレッテ3』を最後まで見る。これは確かにもやもやするエンディング。イケメンたちはイケメンであった。出演して残っているみんなは外部評価も上がってよかったんじゃないか、と思わないとちょっとやりきれない。難しいね。

彼女が「今回のバチェロレッテで敗れた男性がバチェラーに出たらモテそう」という「リサイクルバチェラー」制度を発案してたけど、めっちゃ面白そう。リサイクルバチェラーというフレーズがいい。


←2024年6月の日記へ